仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

天台寺(岩手)・鉈彫りの聖観音(3)



本堂でお参りを済ませ、改めて寺務所で収蔵庫の拝観をお願いしました。
緊張でドキドキしながら、足を踏み入れてみると…。

正面のガラスケースの中には、憧れの聖観音様がいらっしゃいました。



お顔と両腕を除いて全身が鉈彫りで彫られており、細かい横縞が小波のように見えます。
まるで聖観音が徐々に一本の霊木から姿を現しつつある、その光景を目の当たりにしているようでした。
ぴたりと体に纏わりつく衣の下からは、ふっくらとしたお腹が見え、それが非常に優美な印象を与えています。
端正なお顔を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそう…。

聖観音の横には、十一面観音像が安置されていました。
こちらは鉈彫りではなく、聖観音よりもずっと大きい像なのですが、表情、体つきなどがそっくりで、同仏師の作ではないかと推定されているそうです。

収蔵庫の中にはその他にもたくさんの仏像が安置されていて、そのどれもが個性的な像ばかりでした。
悪天候の早朝のせいか、拝観者は私一人だけ。
素晴らしい御仏たちに囲まれ、最高の喜びに浸っていました。

小一時間ほども座っていたでしょうか。



余韻が抜けきらぬまま外へ出ると、収蔵庫の横にはとてつもなく大きな木が生えていました。
きっとご神木なのでしょう。
その堂々とした様子を見ていると、この大らかな巨木が、天台寺の尊像たちにそっと寄り添っているような気がしたのでした。

2010.7.10
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR