FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

鳥居観音(埼玉)・壮大すぎる仏ワールド(2)

IMGP9188.jpg

ここまで来たら、救世大観音像まではあと少し。
朱色の落ち葉が敷きつめられた山道をぐいぐい登っていきます。

IMGP9273.jpg

着いたーーーっ!!!
山門から歩くこと約40分、ついに観音像へ辿り着きました。
こちらの救世大観音像、像高はなんと23mもあるそうです。

IMGP9288.jpg

下から見上げると、宝冠や装飾具等がとても緻密に造られていることがわかります。
これだけの規模の伽藍や仏像を、たった一代で作り上げた平沼彌太郎氏の苦労は、並々ならぬものだったに違いありません。

IMGP9320.jpg

中には極彩色のお不動様、両脇に二童子が安置されていました。

IMGP9323.jpg

その向かいにいらっしゃったのは吉祥天様。
おそらく有名な奈良・浄瑠璃寺の尊像がモデルになっているのでしょう。
お寺の方のお話によると、これらの仏像は平沼彌太郎氏が自ら造像にあたったとのこと。
見事な腕前ですね。

IMGP9387.jpg

下山時は少し近道をして、アスファルトで舗装されたルートを通りました。
こちらも見事な紅葉でしたが、個人的にはやはり、色々なお堂や仏像を拝観できる山道でのルートがおススメです。

IMGP9406.jpg

参拝時間を含め、往復で約1時間半。
想像以上に盛りだくさんで、思い出深い参拝となりました。

2017.11.18
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

古仏が多くおわすお寺ではなく古刹ではないとはいえ、実業家が私財を投げ打って丘一面を境内にしてお寺を築いて、しかも仏像を自分で自分で制作したのが注目できますね。お寺というよりは仏教系のテーマパークのようにも思えます。お話を読んでいると楽しくなります。紅葉が綺麗なのもいいですね。

僕は先日山梨の勝沼で大善寺のご開帳を訪ねました。人が多くてじっくり仏様のお姿を拝せなかったとはいえ、お薬師さまの厳しくも優しいご様子がよかったです。ちーさんが大善寺のご開帳を訪ねられた過去記事も読ませて頂きましたが、その記事で挙げられた写真と同じく、あちこちでぶどうがたわわに実るのが見えました。季節外れの暑さの中でもお寺とワイナリーを回ったのはいい体験でした。
  • 大ドラ 
  • URL 
  • 2018年10月11日 22時01分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: NoTitle 

大ドラ様

自分の財産や時間をつぎ込んで理想の仏世界を作り上げようとる情熱に、個人的にはかなり胸があつくなります。
たとえ文化財に指定されていなかったとしても、それはそれで凄い価値だと思います。
大善寺の薬師様は不思議な雰囲気で可愛らしいですよね。
また参拝したくなりました。
  • ちー 
  • URL 
  • 2018年10月21日 20時27分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR