FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

高福寺(埼玉)・鎌倉期の阿弥陀如来 2018-11-17-Sat

高麗神社と聖天院を参拝した後は、茂呂山町にある高福寺へ。

IMGP9580.jpg

高福寺は1605年に創建された曹洞宗の古刹で、徳川家光から寺領を下賜され、その後も江戸幕府の庇護を受けて栄えました。

IMGP9588.jpg

こちらのお寺には鎌倉期の阿弥陀如来坐像が伝えられています。
檜の寄木造で、像高はおそらく1m前後でしょうか。
目には玉眼がはめ込まれており、溌剌とした面相、力強い体躯などに、鎌倉仏らしい特色がよく出ています。
造像がお寺の創建より古いのは、廃寺となった別のお寺から移された為なのだそうです。

IMGP9594.jpg

そしてこちらがご本尊の聖観音坐像。
像高はおそらく30~40cmほどで、南北朝時代の作です。
煌びやかな宝冠を被っておられ、ゆったりした衣が蓮台へと垂れています。

IMGP9565.jpg

そして高福寺から車で数分のところにある、毛呂山町歴史民俗資料館にも行ってきました。
こちらの資料館では、毎年春と秋に、桂木寺の如来坐像が特別公開されています。

161005091052_0.jpg
(⇒毛呂山町HPより)

像高は70~80cmほどで、カヤの一木造。
10世紀頃の作と推定されており、埼玉県屈指の古仏として知られています。
頭には大粒の螺髪が並んでいますが、後ろ半分はほとんど失われていました。
むっちりとした体躯はバランスがよく、精悍な印象を受けます。

こちらの資料館、なんと入館無料です。
仏像の特別公開以外にも展示が充実していますので、よろしければ是非足を運んでみてください。

2017.11.11

スポンサーサイト



CATEGORY : 埼玉 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 「仏像の姿(かたち)」 ~微笑(ほほえ)む・飾る・踊る~展に行ってきました | ホーム | 聖天院(埼玉)・高麗王の菩提寺 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

NoTitle 大ドラ | URL | 2018-11-20-Tue 23:01 [EDIT]

写真で見ると、高福寺の阿弥陀如来さまは颯爽としたご様子がいいですね。聖観音さまは鎌倉の覚園寺薬師三尊像や来迎寺地蔵菩薩坐像のような法衣垂下なのですね。

町立の文化施設で毎年決まった時期に無料で優れた古仏を観覧できるのはいいですね。その如来坐像は写真で見る限りすっきりした印象を受けます。
今年9月に地元岐阜では、垂井町立の文化施設で期間限定の展示で阿弥陀如来坐像などを観覧しましたが、明治期に神仏分離で美濃国一宮南宮大社境内からお堂や三重塔が移築された浅倉山真禅院の仏像です。普段お姿を拝めない仏像が無料で観覧できただけでなく、阿弥陀さまの脇侍2躰が夜叉坐像なのが珍しく興味深いと思いました。

Re: NoTitle ちー | URL | 2018-11-25-Sun 13:58 [EDIT]

大ドラ様

阿弥陀様のの脇侍が夜叉坐像というのはとても珍しいですね。
機会があれば是非拝観したいです。
木や土で出来ている仏像が何百年も守られているのは、沢山の方々の努力のおかけだと思います。
とはいえ個人で出来ることには限界もあるので、自治体が率先して文化財保護に尽力してくれるのは有り難いですよね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |