FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」展に行ってきました。

東京国立博物館で開催されている「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」展に行ってきました。

DSC_1107 (1)

一番のお目当ては何と言っても、仁和寺の国宝・薬師如来坐像。
かねてからずっと憧れていましたが、厳重な秘仏のため、拝観を半ば諦めていたのです。

yakushi_20180227232745692.jpg 
薬師如来坐像(仁和寺) (⇒特別展HPより)

会場へ入ってすぐのところに、憧れの薬師様はいらっしゃいました。
円派(平安時代中期から鎌倉時代にかけて活躍した京都の仏師集団)の円勢・長円によって彫られた、檀像の傑作です。
康和5年(1103)の作で、像高はわずか十数センチ。
本来、白檀や栴檀などの香木から造られる檀像は、材料となる木が非常に高価なため、他の木で代用することが多いのですが、この尊像は実際に白檀材を使って彫られています。
緻密に彫りこまれた尊像の木肌には、美しい截金細工が施され、当時最高峰の技巧と贅がふんだんに尽くされています。

amida_201802272326071dd.jpg 
阿弥陀如来坐像(仁和寺) (⇒特別展HPより)

こちらは国宝・阿弥陀如来坐像。
平安前期を代表する阿弥陀如来像として知られ、過去に何度かお寺の特別公開の時に拝観したことがあります。
仁和4年(888)の作で、定印を結ぶ阿弥陀如来像としては、最古の像なのだそうです。

senjyu.jpg 
千手観音菩薩坐像(葛井寺) (⇒特別展HPより)

そして特別展の中で一番人が多く集まっていたのは、葛井寺の千手観音菩薩坐像でした。
千手観音の脇手は省略されて造られることがほとんどですが、こちらの観音様には実際に千本の腕があります。
脇手は体から放射線状に伸び、まるで光背のようです。
普段は厨子に入っていますが、こちらの特別展では360度どちらの方向からも拝観することができます。

unpenji.jpg 
千手観音菩薩坐像(雲辺寺) (⇒特別展HPより)

こちらは雲辺寺の千手観音菩薩坐像。
ふっくらした丸いお顔に、穏やかな表情をなさっている、藤原仏らしい優美な仏様です。

nyoirin_20180227232738523.jpg
如意輪観音菩薩坐像(神呪寺) (⇒特別展HPより)

兵庫県の古刹・神呪寺の如意輪観音菩薩坐像は、年に一日だけ御開帳があるのですが、なかなか都合がつかなかったため、今回の特別展でお会いできて感激しました。
思索的な表情と、ぐいと体を捻った独特の姿勢で、密教仏らしい神秘的な雰囲気を漂わせています。

DSC_1118.jpg

ユニークなのは、特別展の中に撮影可能なコーナーがあったこと。
こちらは仁和寺の観音堂の内部を再現しており、壁画等は複製ですが、仏像は実際のお堂に安置されているものです。
仏像は近世の作のようですが、特別展で実物を撮影できる機会は滅多にありません。
仁和寺展は2018年3月11日まで。
会期は残りわずかですので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

2018.2.23
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

仁和寺観音堂の内部が精密に再現されているほか、撮影可でしかも実際にお堂に祀られる仏様までいらっしゃるのが、本当にいいですね。

仁和寺観音堂のお薬師さまは本当に精巧に細かく造像されているのですね。栢などでの代用ではなく舶来の白檀がその時代に使用されたのもすごいですが、截金まで施されているのですね。
仁和寺の阿弥陀如来坐像のお姿は一度秋の霊宝館の公開で拝みましたが、再度お姿を拝みたいと思えます。仁和寺霊宝館では、文殊菩薩像も印象に残っています。

葛井寺の真数千手観音さまは道明寺の十一面観音さまと合わせて、一度ご開帳を訪ねたいと思えますね。
  • 大ドラ 
  • URL 
  • 2018年03月06日 22時00分 
  • [編集]
  • [返信]

NoTitle 

こんばんは(^^)

仁和寺と御室派のみほとけ展
行かれたんですね(羨まし

この展示気にはなっていたんですが
残念ながら行けそうもありません

ちーさんのブログで堪能させて
いただきます(^^)


  • bonbonno 
  • URL 
  • 2018年03月10日 17時57分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: NoTitle 

大ドラ様

仁和寺の薬師様は、これまでに私が拝観した檀像のなかでも一際繊細で美しい像でした。
初めて写真で見た時からずっと拝観したいと思っていたので、実際に目の当たりにした時は感動で胸がいっぱいになりました。
葛井寺と道明寺の観音様たちは毎月ご開帳が行われているので、機会がありましたら是非!
  • ちー 
  • URL 
  • 2018年03月10日 21時48分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: NoTitle 

bonbonno様

今回の特別展は、その開催があることを知った時から、とてもとても楽しみにしていたので感無量でした。
基本的に仏像はお寺で拝観する方が好きなのですが、特別展ならではの豪華な展示は貴重だと思います。
  • ちー 
  • URL 
  • 2018年03月10日 21時51分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR