FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

弘願寺(新潟)・巨大な弘法大師像

新潟の仏像について調べていた時、新潟市街地に巨大な弘法大師像があるということを偶然知りました。
絶対に行かなくては…!
ところが、いくら調べても正確な場所がわかりません。
こうなったら現地まで行って聞くしかない、そう決意し、半ば強引に探しに出かけることにしました。

IMGP1834.jpg

新潟市は中部地方で2番目の人口を擁するだけあって、想像していた以上の都会でした。
本当に見つかるだろうか。
かなり不安になりながらも、目指す弘法大師像は三越デパートの近くにあるらしいということはわかっていたので、ひとまず歩いて向かうことに。
すると前方に、とてつもなく大きな川が流れていました。
日本一長い川、信濃川です。
湖かと見まごうばかりの川幅、水量の多さに圧倒されました。

IMGP1872_20180527174000692.jpg

ようやく三越まで来たものの、肝心のお大師様の姿が見えません。
何度行き来してもわからないので、近くの魚屋のご主人に道を尋ねたところ、丁寧に場所を教えてくださいました。

IMGP1841.jpg

ご主人の説明通りに路地裏を進んでいくと…

IMGP1844.jpg

建物の間から巨大なお大師様の顔がっ!

IMGP1851.jpg

慌てて走り寄ると、お堂の上に覆いかぶさるように、錫杖と金剛杵を持ったお大師様がいらっしゃるではありませんか。
看板の説明によると、この弘法大師像は福崎日精という仏師によって造られ、なんと像高は30尺(約9m)もあるそうです。
そしてここは弘願寺というお寺で、昭和44年(1969)に、四国八十八ヶ所修行の道場として建立されたということがわかりました。

IMGP1853.jpg

なかなか整ったお顔立ちで威厳があります。
市街地なので仕方ないとはいえ、電線が邪魔をしているのが少し残念でした。

IMGP1869.jpg IMGP1866.jpg

足元にあるガラス張りのケースの中には、朱色の仁王様たちがいらっしゃいました。
こちらは人間国宝・松久朋琳親子の作だそうです。

IMGP1880.jpg

ぐるりと周囲を巡ってみると、ビルの横に大きな背中が見えました。
夕暮れ時に拝すると哀愁が感じられますね。

2018.5.19
スポンサーサイト



コメント

 

僕が思い起こすお大師さまのお像は笠や帽子を被らない坐像です。笠を被る巨大な立像のお大師さまが都会のど真ん中にいらっしゃるのが意外ですね。

僕は岐阜に住んでいるので、中部地方として思い浮かぶのは東海三県とその近くで関西ではない北陸三県と静岡、信州です。新潟は東海三県から遠くて東北に近いので中部地方という感覚がないですね。中部の大都会は名古屋で、ほかの中部の都会は地元の岐阜市のほか、静岡市と浜松、金沢を思い浮かべて、新潟が中部の都会という感覚は薄いです。
でも昔、北海道へ行く途中に電車で新潟市を通って随分都会だと思ったことがあります。
  • 大ドラ 
  • URL 
  • 2019年06月22日 23時39分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: タイトルなし 

大ドラ様

四国札所に行くと、菅笠をかぶっているお大師様の像が多いように思いました。
弘願寺は四国巡礼修行を目的としているようなので、そのためかもしれません。
市街地の広がりという点では、中部地方では、新潟は名古屋に次いで大きいのではないかと個人的に感じました。
もちろん、それぞれの都市に違った魅力があると思います。
  • ちー 
  • URL 
  • 2019年06月23日 13時38分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR