仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

藤里毘沙門堂(岩手)・二体の毘沙門天(2)



こちらへいらっしゃる方に「こんにちは」と声をおかけしました。
するとその方も「こんにちは」と答えてくださいます。
見ると手には鍵が握られており、電話で予約を受けてくださった方なのだとわかりました。

収蔵庫の頑丈な扉がゆっくりと開けられると…。



中には見事な鉈彫りの毘沙門天様がいらっしゃいました。
地天女の上に立つ、兜跋毘沙門天です。

地天女ともにトチの木の一木造で、平安中期の作。
像高182cm、地天女と合わせると232cmになります。
整然と並ぶ横縞の鉈彫りの目がとても美しく、眼や口を顔の中央にキュッと寄せたような表情は、何だか可愛らしくも見えました。

そして収蔵庫にはもう一体の毘沙門天。



こちらは鉈彫りではなく、足元には邪鬼が踏みつけられています。
腰をひねり、凛々しいお顔立ち。
像高173cmで、平安末期から鎌倉時代の作と推定されているそうです。

対照的な二体の毘沙門天の他にも、収蔵庫内には素朴で可愛らしい仏さまが沢山いらっしゃいました。



お堂を開けてくださった方に、当初の時間よりかなり早めに到着してしまったことをお詫びすると、
「電話さえくれてれば、別に何時でもいいんだよ」
と仰ってくだいました。
言葉は少ないけれどとても親切な方で、心がふわりと温かくなるのを感じました。

きっと収蔵庫の仏様たちは、何百年もの間、このような方に守られてきたのでしょう。



あたりを歩いていると、緑豊かな田園風景が広がっていました。
この藤里の地だからこそ、毘沙門堂の仏様たちは、より一層魅力的に見えるのかもしれません。

2010.7.10
スポンサーサイト

Comment

毘沙門天 

いしかつ様

毘沙門天って格好いいですよね♪
大好きなんです。
毘沙門天は北を守る神様なので、東北にはたくさんいらっしゃるみたいです。
いしかつ様も東北に旅行なさる際は是非ご覧になってください♪
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2010.08/15 23:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

これは驚きました・・・ 

地天女の上に立つ兜跋毘沙門天。
邪鬼を踏みつけた毘沙門天。
私が今まで見たのは1体のみですので
こういうのが有ることさえ知りませんでした。
色々と出歩きたくなりますね。
  • posted by いしかつ 
  • URL 
  • 2010.08/15 23:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR