FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

安国寺(宮城)・南北朝期の阿弥陀如来 2019-08-04-Sun

登米市から車で約2時間移動し、大崎市の安国寺へ。

IMGP2217_20180924142153014.jpg

その名が示す通り、安国寺は室町時代に足利尊氏の命によって創建されたお寺です。(※安国寺は足利尊氏・直義兄弟が国家安泰を祈願するために日本各地に設けた寺院)

IMGP2325.jpg

創建当初の伽藍は火災により焼失してしまいましたが、南北朝期の阿弥陀如来像が今も伝えられているため、事前にお願いをして拝観させていただきました。

IMGP2284.jpg

中尊の像高は69.7cm、檜の寄木造。煌びやかな漆箔が施され、眼には玉眼がはめ込まれています。

IMGP2297.jpg

涼しげな眼差し、張りのある若々しい体躯など、非常に洗練された像容です。

IMGP2253.jpg

誰が、いつ造像したのか、詳しいことはわかっていないようですが、その写実的な作風から、慶派の流れを組む仏師の作と推定されています。

IMGP2261.jpg

IMGP2283.jpg

脇侍の観音・勢至菩薩の造像年代はわかりませんでしたが、どちらもほっそりとして美しく、中尊とバランスよく調和していました。

IMGP2311.jpg

三尊の横には、秋葉権現像が安置されていました。勇ましい面相で白い狐の上に乗っています。おそらく比較的近年の作ですが、秋葉権現像の彫刻はあまり見かけないため、思わぬ出会いに嬉しくなりました。

2018.9.21

スポンサーサイト



CATEGORY : 宮城 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 岩切東光寺(宮城)・中世の磨崖仏群 | ホーム | 大徳寺(宮城)・丈六の不動明王 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |