FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

岩切東光寺(宮城)・中世の磨崖仏群

IMGP2386.jpg

安国寺を参拝した後は、仙台市の岩切東光寺へ。

IMGP2335.jpg

駐車場に車を停め、坂道を登っていくと、木々に覆われた岸壁に鉄柵があるのが見えてきました。

IMGP2344.jpg

近寄って中を覗いてみると…

IMGP2345.jpg

正面に二体の如来像が彫られていました。おそらく左が阿弥陀如来坐像、右が薬師如来坐像でしょうか。

IMGP2351.jpg

如来像の左側には三体の仏像が彫られていますが、かなり風化が進み、はっきりとした尊名はわかりません。一番右の立像は、菩薩像のようにも見えます。

IMGP2365.jpg

鉄柵のすぐ脇の岸壁には階段が備えつけられており、その上に仏像がいくつか彫られていました。こちらはおぼろげに人の形らしきものが確認できるだけで、ほとんど像容がわかりませんでした。
これらの石仏群について詳しい造像年代等はわかってないものの、おおよそ中世の作と推定されているそうです。周囲にある板碑群が13世紀後半から14世紀前半に造られているため、ほぼ同年代と考えてよいかもしれません。

2018.9.21
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR