仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

達谷窟毘沙門堂(岩手)・大迫力の不動明王

藤里毘沙門堂を出て、大急ぎで一関へ。
時間的にかなり厳しいと思っていたものの、なんとか間に合いそうだったので、気になっていた達谷窟毘沙門堂へと向かいました。



達谷窟毘沙門堂は、中尊寺金色堂からも程近い平泉町に位置しています。
そしてこのお寺を特に有名にしているのが、岸壁に貼り付くようにして建てられているお堂です。



実際目の当たりにしてみると、その迫力に絶句!
まるで岩がお堂を飲みこもうとしているかのようです。
堂内に入ると、奥にはむき出しの岩壁が広がっており、その前に数十体もの毘沙門天がずらりと安置されていました。



岸壁に不動明王が彫られています。



一体どうやって彫ったのかしら?



さらに歩くと不動堂が見えてきました。
中を覗き込んでみると…。



わわわっ!!!

ど迫力の不動明王がいらっしゃいました。
なんという存在感!
おそらく丈六サイズと思われますが、私のデジカメではその迫力を到底お伝えできないのが残念です。

ツギハギだらけの体躯。
長い年月を経て、独特の色合いに変化した朱色。
ダイナミック過ぎるほどの火焔光背…。
もうクラクラです。
後補が激しいものの、平安時代の作と推定されており、県の文化財指定を受けています。

素朴で力強く、個性的。
みちのくの仏像の真骨頂を目の当たりにしたような思いでした。

2010.7.10
スポンサーサイト

Comment

そうですね! 

いしかつ様

日本で岸壁に彫られた石仏というのは、確かに少ないと思います。
有名な石仏もありますが、木の仏像に比べれば少数派です。
やっぱり日本は木の文化なんでしょうね。
  • posted by ちー 
  • URL 
  • 2010.08/21 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

色々有りますね。 

中国敦煌の莫高窟とか
エジプトのアプシンベル大神殿とか
こういう壁の石面壁画って有りますね。
日本にも有るんですねぇ~。
仏教の流れもあるんですかね?
  • posted by いしかつ 
  • URL 
  • 2010.08/21 18:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR