FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

鹽竈神社(宮城)・陸奥国の一宮 2019-08-17-Sat

IMGP2499.jpg

陸奥国一宮として知られる鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、平安時代の記録にもその名が残る東北屈指の古社です。

IMGP2434.jpg

大鳥居の奥に続く長い階段を登っていくと、鮮やかな朱色に塗られた門が見えてきました。

IMGP2450.jpg

こちらは拝殿。

IMGP2461.jpg
(左宮本殿)

IMGP2455.jpg
(右宮本殿)

拝殿の奥に左宮本殿と右宮本殿があり、それぞれ武甕槌神と経津主神をお祀りしています。

別宮
別宮拝殿(⇒鹽竈神社HPより)

主祭神の塩土老翁神は、別宮拝殿に祀られていました。
なぜこのような不思議な祀り方をしているのか気になって調べたところ、江戸時代以前の祭神についてはあまりはっきりとしておらず、呼称も鹽竈宮、鹽竈明神など様々だったようです。そこで伊達家4代当主の伊達綱村が社殿の造営に際し、当時の名だたる学者に調べさせて現在の三神とし、別宮の地にあった貴船社と只州宮を仙台市泉区へ遷座しました。

IMGP2522.jpg

鹽竈神社から歩いて数分ほどのところに、御釜神社という小さな神社がありました。

IMGP2526.jpg

御釜神社は鹽竈神社の境外末社で、「塩竈」の地名の由来とされる四つの神釜が安置されています。伝承によるとこれらの神釜は、塩土老翁神が海水を煮て製塩する方法を人々に教えた際に使われました。
古くから当地で製塩が非常に重要だと考えられていたことがよくわかります。

IMGP2505_2018092419103173f.jpg

参拝の後は、近くのお餅屋さんでひと休み。
そう、宮城県といえば、ずんだ餅ですよね。

2018.9.21

スポンサーサイト



CATEGORY : 宮城 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 阿弥陀寺(宮城)・鎌倉期の阿弥陀如来 | ホーム | 志波彦神社(宮城)・陸奥国の名神大社 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |