FC2ブログ

仏像ファン的古寺巡礼

仏像への愛を書き綴った、仏像ブログです。

Entries

輪王寺(栃木)・日光三所権現

十数年ぶりに日光へ行ってきました。
日光と言えば、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の二社一寺が、日光の社寺として世界遺産に選ばれた、日本有数の観光地です。
実は過去2回日光へ行ったことがあるものの、東照宮を含めた日光の社寺を参拝したことがありませんでした。

日本人として一度は参拝してみたい!
ということで、青春18切符を使って行ってきました



夏休み中ということもあり、境内は参拝者でいっぱいでした。
照りつける太陽と人の熱気でクラクラしそう…。



まずは輪王寺へ。
輪王寺の創建は東照宮よりはるかに古く、奈良時代にまで遡ると伝えられています。



三仏堂と呼ばれる本堂には、巨大な三体の本尊がいらっしゃいました。
向かって右から千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三尊で、他ではほとんど見られない、とても珍しい組み合わせです。
これは神仏習合の信仰があった時代に、それぞれが男体山、女峰山、太郎山の神と一体であると考えられていたからなのだそう。

特に馬頭観音は、これほどまでに大きな像にはお会いしたことが無く、その迫力に圧倒され、しばし立ち尽くしていました。
まさに山そのもののような威厳を備えた観音様でした。

昔の人々は、自然のあちこちに神様や仏様を感じていたんでしょうね。

2010.8.22
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ちー

Author:ちー
読書と音楽、そして仏像をこよなく愛しています。

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR